Product Flow

打ち合わせにてコンセプトや設備を伺い、原価、オペレーション、保管方法、提供時間、トレンドなどを考慮して試作を行います。
使用したい商品、指定の皿がある場合は、この段階で使用します。

試食会にむけて試作を繰り返し、盛り方やネーミングで商品価値を上げる工夫をして提案しています



試食会では、味やボリュームの確認をしていただき、ご意見をまとめてブラッシュアップしていきます。
また、使用食材の食べ比べや、新規食材が適した規格であるかの検討、数時間たった場合の食感の確認をします。
工場で商品を作る場合は、ラインにのせたときの状態を確認して調整していきます。



安定した品質で商品を提供するため、温度やサイズ、詳しい盛り付け手順を記載したレシピを作成します。
必要に応じて原価表やトレーニング動画の作成、テーブルスタイリングの提案も可能です。



Contactrumi yoda. All Rights Reserved.